アメリカのウェルカムボード事情

私共はウェルカムボードを専門に日々制作しているのですが、いったいこの習慣はいつ、どこで、誰が始めたのでしょうか?

アメリカの海外ドラマで、ウェディングのシーンにウェルカムボードが置いてあるのは見たことがありますが、新郎新婦の名前がイタリックで書かれているシンプルなものでした。もちろんアメリカの一般のウェディングには参加したことがないので、ウェルカムボードが入り口に置いてあるのかどうか実情は分かりません。アメリカではウェルカムボードは置いているのでしょうか?発祥はアメリカなのでしょうか?少なくともアメリカ人はあまり凝るポイントではなさそうです。

アメリカ人と日本人のウェディングに対する文化の違いもあるとは思いますが、ウェディングでの力の入れどころが違うのかも知れません。

日本のウェルカムボードはバラエティに富んでいて、独自の進化を遂げているようです。もしかしたら、クールジャパンのように世界に向けて発信する日も来るのかも知れません。昔は日本のアニメやJポップがここまで海外でうけるとは考えられませんでした。

ウェルカムボードはアメリカでは何と呼ばれているのか?アメリカにウェルカムボードというものがあるのなら、作品の参考にしようと思ってかなり前から調べていますが、いまだに良く分かりません。ウェルカムボードは完全な日本語になっているようで、welcome boardと検索しても、wedding boardと検索しても求めている情報にはたどり着けないのです。

どなたかアメリカのウェルカムボード事情、ご存知であれば教えてもらいたいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする