ハワイと木々の関係

皆さん、ハワイの木と言えば何を思い浮かべるでしょうか?

最初に思い浮かべるのはハワイの代名詞・ヤシの木になりそうですね。生産はハワイではないかもしれないですがティキ像のお土産も木で作られています。

日立グループの、頭に残る「この木何の木」の歌のCMで有名なモアナルア・ガーデンのモンキーポッドかも知れません。
アクセサリーで使われるコアの木も思い浮かびそうです。
カピオラニ公園に行くと垂れ下がった枝が特徴的なバニヤンツリーがあり、これぞ南国という雰囲気を漂わせています。ビーチ沿いのハウツリーラナイというハウの木が名物のレストランもあります。

ハワイとハワイでしか見られないユニークな木はとても相性が良く、独特の世界観を醸し出していると思います。弊社はこの木とハワイの相性をウェルカムボードという形を通して引き出しています。

弊社はハワイを中心とした様々なデザインをとにかく木彫りで表現することにこだわっていますが、平面の印刷したものとは比べものにならないくらい味が出ますし、時が経つほど良さが出てきます。経年劣化も楽しめます。自身が生成される木彫りの世界観、ストーリーに取りつかれており、この分野の情熱だけは誰にも負けません。

もはやハワイの風景の主体となって大きな存在感を放つハワイの木々。

ハワイの太陽を沢山浴びたこれらの木々に癒されながら、時にはパワーをもらい、ポジティブに生きたいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする