アメリカのウェディングで流行?フローティングランタン

やっぱりラプンツェルの影響が大きいのでしょうか?

日本の事情は分かりませんが、アメリカのウェディングでランタンを夜空に飛ばすフローティングランタンや、夜のウェディングでランタン風の照明をウェディング会場に設置するのが流行ってきているっぽいです。

「塔の上のラプンツェル」の有名なシーン、ラプンツェルとフリンがボードに乗っているときに灯が灯ったランタンが夜空に飛ぶ場面は、女子ならずとも世界中のディズニー男子も虜にしたに違いありません。

アメリカではカップルがキスをしながら、大きなランタンを空中に飛ばすのがセレモニー化していることもあるそうで、新郎新婦の夢や希望を乗せてランタンを夜空に放つのはとてもロマンティックですね。

ランタンを飛ばすのは基本的に屋外の広い場所でのナイトウェディングというのが条件になりそうで、法律上の問題もあり、果たして日本では流行るのかどうか良く分かりません。狭い日本ではランタン飛ばしたらすぐにご近所から苦情が来そうですね。ただ、フローティングランタンまで行かないにしても、ランタン風の光の演出を取り入れたいカップルは多いのではないでしょうか?

(本記事の写真は普通のランタンですが、フローティングランタンは紙のランタンです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする