海外ウェディングの方、ウェルカムボードの運搬どうしてる??

結婚情報誌『ゼクシィ』の【海外ウエディング調査2015】によると、海外挙式全体の67%をハワイが占めているとのことです。そのまま新婚旅行を兼ねてオアフ島で遊んだり、ハワイ島でゆったりすることができるのが人気の秘訣なのでしょう。安全だからという理由でハワイを選ぶ方もいるかと思いますが、日本に帰ってくる頃にはハワイの虜になっているかも知れませんね。

海外ウェディングを挙げる方はウェルカムボードは国内で用意する方が多いと思いますが、皆さんウェルカムボードの運搬はどうしているのでしょうか?

一口にウェルカムボードと言っても、簡易的な印刷タイプ、ミラータイプ、木製タイプと様々な種類があります。
ミラーを代表する壊れ物タイプのウェルカムボードは機内持ち込みして、大事に抱えて運ぶ必要がありますね。
また、ウェディングドレス等ウェディングを挙げる際に最低限必要なものは、荷物を預けると紛失の可能性があるので機内持ち込みの方が良いかも知れません。荷物受け取り場でスーツケースが出てくるまでやきもきする必要がありません。

配送時に破損する可能性が少ない木製タイプ等のウェルカムボードは直接ハワイのホテルや結婚式のエージェントに配送してしまう手があります。

  • おすすめしたいのは世界120以上の国に送れるEMS(国際スピード郵便)です。

梱包したウェルカムボードを近所の郵便局に行ってEMS用紙に記入するだけ。手続きはとても簡単で損害賠償制度もあります。弊社の木製タイプのウェルカムボードもハワイのホノルルへ配送をよく行っていますが、荷物番号で追跡も可能だし、これまで紛失や破損のトラブルは一度もありません。

  • EMS用紙書き方
    https://www.post.japanpost.jp/int/use/writing/ems.html

料金は大きさと重さで変動します。弊社のフレーム付きのウェルカムボード(33.5×49.5[cm])で5000円弱、縦24×40[cm]のサイズ(重さ)で2,500円弱です。(梱包するのでもう少しサイズは大きくなります)これまでの実績からハワイへは2週間くらいで届いていますが、実際に送る際は余裕を持って配送することをおすすめします。

海外へ出発する際は少しでも荷物を減らしたい!という方におすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする