ウェディングドレスのまま水の中に入って記念写真を撮る新郎新婦が急増中?

ある画像投稿型SNSで、衝撃的な写真を発見しました。
そこにはウェディングドレスを着たまま海に入って写真を撮っている一人の外国人女性の姿が。
ウェディングドレスが台無しになっちゃうだとか、寒くないのだろうかとか、この後どうするのかとか、レンタルなのだろうかとか、色んなことを考えながら他の写真の関連リストも見ていると、その手の写真がかなりアップされていました。

写真にはかなりバリエーションがあり

・ビーチの波打ち際に座ってキスをする新郎新婦
・崖から海に飛び込む新郎新婦
・水面に綺麗に浮かぶ新婦
・プールに入っている新婦
・水中でポーズを決める花嫁(と新郎二人のバージョンもあり)
・なぜか寒そうな顔をして海に入って撮影に応じる新郎新婦の友人たち

どれも素晴らしいですが、夕日が背景のハワイのビーチで撮った写真は特に美しい。
砂浜にメッセージを書いて、ストーリー性を持たせるものもありました。

男女で写っているものは大体キスしているか、花嫁さんを抱きかかえていますね。

underwater-bride-905045_1280

水中の写真は「水の透明度が高い」という条件が必要でしょうから、プール以外の屋外となるとメキシコのセノーテのような限られた場所になりそうですね。
この水中写真が新婦さんのウェディングドレスがひらひらと広がりとても綺麗。
スカートの丈が長いドレスだとより綺麗だろうと思いました。
まあ、実際は綺麗に撮れるまで相当な枚数の写真と、新婦さん(と新郎さん)の忍耐が必要になっているのだと思いますが。

アジア系の方の写真はなく欧米の方々の写真ばかりだったのですが、このようなことは欧米で最近やや流行って来ているのか、もしかしたら昔からこのような撮影アイデアがあったのかもしれません。

どうしても撮影後のウェディングドレスの状態が気になってしまいますが、一生に一度の思い出として、特別な日にクレージーになって水と戯れるのもアリなのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする