ハワイ看板写真館 ワイキキ編

「カーサイン」

ハワイ最大のショッピングセンター・アラモアナショッピングセンターの駐車場に停まっていた配送トラックのボディーに書かれていたカーサイン。アメリカでは業務用のバンやトラックにはビニールのシートでお店・会社のロゴを入れるのが一般的。

「コーヒー屋さん」

アラモアナショッピングセンターの一階にあるグロリア・ジーンズ/Gloria Jeansというコーヒー屋さんの看板。ブラウンを基調とした如何にもコーヒー屋さん、という看板。

「MartinアンドMacArthur」

アラモアナショッピングセンターの二階にあるMartinアンドMacArthurの看板。今や大変貴重なハワイのシンボル「コアの木」を使ったハンドクラフト家具やギフト商品を多数揃えています。

「トリ・リチャード」

アラモアナショッピングセンターの二階にあるTori Richard(トリ・リチャード)の看板。ハワイ・ウェアやアクセサリーなどが売っています。

「Ukulele House」

アラモアナショッピングセンター二階のThe Ukulele Houseの看板。看板の枠をバンブーで囲い、とてもハワイらしい雰囲気を出しています

「「PINK」の看板」

特にハワイっていう訳ではないですがビクトリアシークレットのブランド「PINK」の看板。看板の完成度がとても高いです。良く見ると表面がアンティーク加工されているのも格好良い。

「コーヒー店」

日本にも何店舗か出店している「Honolulu Coffee Co.」の看板というかロゴ。このロゴが格好良いですよね。ハワイのコーヒー店のロゴは大体センスが良いですが。

「アラモアナショッピングセンター」

皆さんご存知アラモアナショッピングセンターの看板。

「Brandy Melville」

女性服のブランド「Brandy Melville」の看板。他の店舗は知りませんがホノルル店はハートの下にハワイ諸島が描かれていますね。

「」

ヘルシーフードを売りにしたブルーハワイライフスタイルの看板。このロゴもハワイ要素が凝縮されていて、とてもセンス良いですね。かつ色がブルー系統でまとめられていて凄いです。

「シナボン」

既にハワイの定番フードになっているシナモンロールの「シナボン」の看板。波を打っているこのロゴの字体、良いですね。

「The Coffee Bean & Tea Leaf」

アメリカのコーヒーチェーン店「The Coffee Bean & Tea Leaf」のアラモアナショッピングセンター店の看板。スタバ筆頭にアメリカ発のコーヒー店のロゴは大体形が丸いですね。

「案内サイン」

アラモアナショッピングセンターから1ブロック離れたワード・センターの壁に描かれた案内サイン。矢印の上下に描かれた柄がとてもハワイらしい。

「ホットドッグ店」

ワード・センター内にあったGreat Hawaiian Hotdog Companyの看板。ランチにホットドッグを食べましたが、とても美味しく大満足でした。

「ウェルカムサイン」

こちらもワード・センターのウェルカムサイン。「W」とヤシの木を組み合わせ、ハワイの雰囲気を出した工夫されたデザイン。

「バス & バトラー」

ワード・センター内にある「バス & バトラー」の看板。入浴剤や石鹸、ローションなど、お風呂グッズがメインの雑貨の店。ピンク色のネオンが特徴的。

「ホノルル・クッキー・カンパニーの看板」

ホノルル・クッキー・カンパニーの看板。お店の中はショートブレッド・クッキーの美味しそうな食欲を誘う匂いが漂っています。

「ル・ロータス・ブルー」

ワード・ウエアハウスにあるル・ロータス・ブルーの看板。この看板はチャイニーズっぽい字体を使ったオリエンタルな雰囲気。

「クラフト・フレア」

アクセサリー、子供服、小物を扱っているクラフト・フレアの看板。デザインはハワイらしくなく、どちらかというとアメリカの東海岸風?

「ジャングル・ジェムズ」

スターリング・シルバーなどのジュエリーを扱うジャングル・ジェムズの看板。バンブーを模った文字がとてもハワイ的。

「ブルー・ジンジャー」

マウイ島・ラハイナ発のドレスや小物、アクセサリーの店「ブルー・ジンジャー」の看板。ブルーとホワイトの可愛い色の組み合わせ。

「「サーフショップ」の看板」

世界中のサーファーに愛される1971年ハワイ生まれのサーフブランド「タウンアンドカントリーサーフショップ」の看板。木彫りベース(手彫りも恐らく加わっていると思われる)のスタイリッシュ看板。

「チャウダー・ハウス」

チャウダーやシーフードメインの「チャウダー・ハウス」の木彫り看板。店内には木で出来た魚の飾りがあります。

「オレンジ・ジュリアス」

アイスクリームやスムージーを販売しているデイリー・クイーン/オレンジ・ジュリアスの「オレンジ・ジュリアス」の可愛い木の看板。

「デイリー・クイーン」

アイスクリームやスムージーを販売しているデイリー・クイーン/オレンジ・ジュリアスの「デイリー・クイーン」の看板。暑い日には最高のブレークになります。

「石鹸とキャンドルのお店」

植物性のオイルを使い伝統的な手法で作られる石鹸とキャンドルのお店「アイランド・ソープ & キャンドル・ワークス」の看板。店内にいるだけでハワイらしい魅力的な香りに癒されます。

「BUCA di BEPPO」

ワードエンターテイメントセンターの1階にあるイタリアンレストラン「BUCA di BEPPO」の入り口。

「工事看板」

ボロボロの「SIDEWALK CLOSED」の工事看板。使い古された味があって良い感じでした。この看板を無視して歩道を歩み続けると、工事のおじさんから露骨に嫌な顔され「あっちの歩道歩け」と言われました。

「サーフボード型看板」

Kalakaua Avenueに位置する「Lu Lu’s Waikiki Surf Club」のダイヤモンドヘッド、フラダンサー、サーフボードとヤシの木のエッセンスが凝縮された、これぞハワイという看板。ここはホームページも良い感じですよ。⇒Lu Lu’s Waikiki Surf Club

「Kuhio Beach Grill」

ワイキキ・マリオットホテルの中にある「Kuhio Beach Grill」のサーフボードを使った落ち着いた雰囲気の看板。ここは内にも外にもテーブルがあり、トロピカルな雰囲気の中で食事が楽しめる大人気の店。

「バーガーキング」

バーガーキングの入り口はこんな風になっていました。サーフボードはわざわざ作ったのでしょうか...。日本からは撤退してしまいましたねぇ、ここのWhopperが最高に好きだったのですが。

「Cheeseburger in Paradise」

マウイ島ラハイナのウォーターフロントにあるお店が本店の「Cheeseburger in Paradise」の看板。南国とハンバーガーのコラボが素敵。

「International Market Place」

ワイキキの中心地にある「The International Market Place」の入り口。中にある巨大なバニヤンツリーは樹齢100年以上だとか...

「ジュエリーのお店の看板」

「The International Market Place」の中にあったジュエリーのお店の看板。色合いが可愛いですよね。

「滝のところにあった看板」

「The International Market Place」の中の滝のところにあった看板。

「ジュース屋さん」

ジュース屋さんの店構え。ボディーボードにメニューを書き殴った感じが何とも手作り感が出ていて良いじゃないですか。ちなみにボディーボードを看板に応用していたのは、ここのお店くらいでしたね。

「案内板」

インターナショナルマーケットプレイスの中の案内板。

「木の自然な看板」

インターナショナルマーケットプレイスのお店の木の自然な感じを生かした看板。

「中国っぽい看板」

インターナショナルマーケットプレイスのお店の看板。赤と使用字体が中国っぽいですね。

「案内板」

これもインターナショナルマーケットプレイスの中の「手作り」って感じの案内板。特にコメントなし。

「お店のメニュー」

両側にハイビスカスを配置したお店のメニュー。何とも安直な感じがたまりません。

「ネオンサイン」

右側のネオンサインが可愛いですよね。特注品でしょうか?

「アイスクリーム屋さん」

アイスクリーム屋さんの店構え。もう少し看板のデザインは工夫した方が良さそうですね。

「Cold Stone Creamery」

日本にも何店舗かある「Cold Stone Creamery」の看板。アメリカ本土では人気があるらしい。最新のロゴとちょっと違いますね。この看板の字は少し踊っているような...

「案内看板」

これもインターナショナルマーケットプレイスのフードコードを示す案内看板。もう少し工夫が欲しいですねぇ。