式場に飾れば波の音が聞こえてきそう...サーフボードスタイルのウェルカムボード!

ハワイアン・スピリットで行こう!サーフウェルカムボード

木の優しさで心温まるサーフウェルカムボード皆様ご存知の通り、ハワイはサーフィンの発祥の地です。サーフィンはハワイ語で「ヘエナル(波に乗る)」と呼ばれ、王侯貴族のお気に入りのスポーツだったと言われています。あのカメハメハ一世も「ヘエナル」の達人だったようです。サーフィン発祥の地・ハワイに因んだ、ハワイアンデザインとサーフボードを組み合わせた木彫りのウェルカムボードです。

サーフウェルカムボードの質問をする
字体を見る

ハワイ・ノースショアに学べ、サーフボードの応用!

ノースショアのサーフ看板「サーファー憧れの地、オアフ島ノースショア」。ホノルルからフリーウェイH-1WEST、H-2を通って、カメハメハ・フリーウェイへと北へ車をしばらく走らせると、のどかな風景の中遠くにノースの青い海が広がってきます。その先にハレイワという小さな町があります。古くはサトウキビやパイナップルのプランテーションの町として栄えたハレイワですが、今でも当時の面影を色濃く反映したノスタルジックな街並みが残り、町全体に漂う素朴な雰囲気がオールデイズを偲ばせています。

ショッピング・モール「ノースショア・マーケットプレイス」を始めとして町全体がサーフボードの形をした看板で埋め尽くされています。そのサーブボードそのものを加工したり、サーフボードを模ったりした「素朴な恰好良さ」に惹かれて考え、ウェルカムボードとして先取りしたのがサーフウェルカムボードです。

ウェルカムメッセージはハワイ語でどうぞ!

ウェディングにおすすめメッセージはE komo mai(ようこそ)、Aloha mai(ようこそ)、Mahalo(ありがとう)、Mahalo nui loa(本当にありがとう「nui loaはvery muchの意」)、Aloha au ia`oe(愛してる)、Nau ko`u aloha(私のすべてをあなたに)、Me ke aloha(愛を込めて)、Nau wale no(あなただけに)、Hoomanao mau(永遠の想い出)、など
ウェルカムメッセージのご指定は注文フォームからどうぞ。

サーフウェルカムボードの形状と素材

サーフウェルカムボードの形状はショートボードの真中を膨らませて、横に縮めた形になっています。ショートボードのそのままの比率だと横に長くなりますので、見栄えの良い比率を保ったままウェディング、お家の表札用に比率を加工しています。サーフウェルカムボードの材料は、自然豊かな四国で育った「木頭杉」を採用しております。スギは木製看板の本場、アメリカでも多く用いられる看板材料の常連。「スギ」を彫刻して表れる木目はとても美しいものとされています。

サーフウェルカムボードラインナップ

サーフウェルカムボードラインナップです。各詳細ページへお進み下さい。
料金はデザインに関わらず「21,000円(税込)」です。

●ハイビスカス
ハイビスカスが上下に並んだ可愛いピンクと白のウェルカムボード。

●ココナッツパーム
新郎新婦に見立てた、夜明けに寄り添う二本のヤシの木をイメージしたウェルカムボード。

●ウェイビーハイビスカス
南国の花・ハイビスカスが穏やかな波の中で咲き踊るデザインのサーフウェルカムボード。

●ホヌ
結婚式を迎える新郎新婦のような、寄り添う2匹のホヌを描いたウェルカムボード。

●イルカ
海の中を仲良く泳ぐ新郎新婦に見立てた2匹のイルカをテーマにしたウェルカムボード。

●フラ
ビーチの近くでフラを踊る女性を描いたデザインのサーフボード型ウェルカムボード。

●クジラ
海に飛び込むクジラのハート型の尻尾が、新郎新婦の華やかな門出をお祝いします。

●パイナップル
ハワイのパイナップル畑をイメージさせるイエローとグリーンのボディが会場を明るい雰囲気に染め上げます。

●ゲッコー
ハワイに生息する鮮やかな色を持つGeckoをイメージして作ったウェルカムボード。ラッキーアイテムGeckoが幸運を呼び込みます。

●ティキ・サ・サーフ
ポリネシアでの守り神の象徴であり、ハワイのシンボルでもあるティキをテーマにした縦置き型ウェルカムボード。